脱毛エステの解約に関する制度

脱毛エステは特定商取引法の対象になっているため、医療脱毛とは異なり、クーリングオフや中途解約ができる特徴があります。キャンペーンなどで試しに利用し、そのときに勧誘を受けて契約してしまい、その後にやはり利用をやめたいと思ったときに解約できるので安心です。脱毛エステのクーリングオフに関しては、法律では契約日から8日以内、契約期間が1か月以上で金額が5万円以上である、という条件を満たしていれば行えると定められています。実際にはこれを満たしていない場合でもクーリングオフを認めてくれる脱毛エステもあるので、契約前に確認するか、電話で相談すると良いです。

手続きの方法としては書面で通知するだけで良いので簡単です。前述の期限については到着した日ではなく、書面の消印が押された日が有効になります。あまり長くはないので、やめたいときはすぐに行動しなければなりません。書面が届かないというようなトラブルを避けるため、内容証明郵便など、発送したことを証明できる方法を利用すると安全です。

クーリングオフの適用期限が過ぎた場合の対応は脱毛エステによって異なり、中途解約した際に手数料が発生することがあります。これに関しても上限額が法律で定められています。まだ施術を受ける前であれば2万円、施術を受けた後であれば、利用した分にかかった費用に加え、2万円か残金の10%の低い方が手数料の上限になります。脱毛エステの解約については法律で定められているので、もし手続きしても応じてもらえない場合は諦めずに消費者センターなどに相談します。

大阪のメイク専門学校のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.