保育士になるための専門学校の種類

保育士として活動するためには、資格を取得する必要があります。そのうち、専門学校で資格を取得するというルートがあります。厚生労働省の指定を受けている学校であれば、卒業と同時に保育士の資格を取得することができます。指定を受けていないところの場合は、短大の通信課程を併修して卒業することで、卒業と同時に資格を取得することができます。

保育士としての資格のほかに、幼稚園教諭としての資格を同時にとれる専門学校もあります。幼稚園教諭は文部科学省の管轄なので、幼稚園教諭の資格を卒業と同時に取ることができるのは、文部科学省から指定を受けているところだけです。そのため、厚生労働省の指定を受けているだけの専門学校でも幼稚園教諭を取れるというところは、こちらも指定を受けている短大の通信課程を同時に併修して卒業することでそれを可能としています。いずれが良いかは一概には言えませんが、指定を受けているところなら、手続が面倒ではありませんし、そこで教育が完結しているため、しっかりと学ぶことができる点で優れています。

ただ、併修校でもしっかりとしたサポート態勢がとられているところもありますし、系列の短大との併修という場合ならば学習の連携もスムーズですから、こちらも悪くはありません。保育士としての資格を取得した後には働けなくては意味がありませんから、結局は就職率の高さや実技をしっかりと身に付けられるかどうかなどを勘案して決めた方が良いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.